一粒万倍日やボイド時間をチェック! 2023年1月の開運カレンダー

文=山河ゆい

関連キーワード:

    2023年1月のラッキーデーがわかる! 大安などの吉日のほか、宝くじ購入によいとされる一粒万倍日や、金運にツキのある寅の日などをご案内。ちなみに6日(金)は、天赦日、甲子日、鬼宿日、一粒万倍日! 勝負に出るならこの日かも。

    以下は、カレンダーで使用されている用語の説明です。
    
    ◆特記事項
    古来、民間で活用されてきた吉日を示しました。十干十二支や二十八宿などに由来します。
    
    ▼天赦日(てんしゃにち)
    天がさまざまな罪を赦(ゆる)すとされる日。
    ▼甲子日(きのえねのひ)
    日の干支が甲子の日。六十干支の最初であるため、物事を始めるのによいとされます。
    ▼己巳日(つちのとみのひ)
    日の干支が己巳の日。金運・財運に縁起のよい日とされます。宝くじの購入なども吉。
    ▼鬼宿日(きしゅくにち)
    宿曜占星術でいう鬼宿の日。二十八宿のうち最大吉日とされます。婚礼以外は万事に大吉。
    ▼牛宿日(ぎゅうしゅくにち)
    宿曜占星術でいう牛宿の日。鬼宿に次ぐ吉日で、正午とその前後を除けば万事に大吉。
    ▼寅の日
    日の干支に寅がつく日。旅行や金銭の出入りに大吉。財布の新調にも吉とされます。
    ▼一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)
    ひと粒の籾(もみ)が万倍に実るという意味の吉日。しかし、この日に借金をすると、それが万倍になるので避けたほうがよいでしょう。ほかの吉日と重なれば一粒万倍の効果が増すとされます。
    
    ◆ボイド時間
    西洋占星術の技法で、月が太陽系のどの惑星ともアスペクト(意味のある角度)をとらない時間帯のこと。この時間帯には、以下に挙げる8つの注意点を守り、穏やかに過ごすことが難を避けるポイントとなります。
    ①計画を立てない、②方針を変更しない、③結論を出さない、④重要な打ち合わせをしない、⑤情報を信用しない、⑥大きな契約をしない、⑦創造的なことをしない、⑧日常的なことは普段どおり行う。
    なお、ボイド時間が自分の誕生星座と同じ場合は、いっそうの注意が必要です。
    
    ◆六曜(ろくよう)
    日本で最もよく知られている暦注のひとつで、幕末以降、広く普及しました。旧暦の朔日(1日)を基準に、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つが順に配当されます。
    
    ▼先勝(せんがち/せんしょう)
    「先んずれば勝つ」を意味し、急ぐことには吉。午前は吉、午後は凶。
    ▼友引(ともびき)
    何事も引き分けで、勝負のつかない日。友を引くという意味があるので、婚礼などの慶事には吉ですが、葬儀などの凶事には望ましくないとされます。朝夕は吉、正午は凶。
    ▼先負(せんがち/せんぶ)
    「先んずれば負ける」を意味し、何事も控え目にするほうが無難な日。勝負事も慎むほうがよさそう。午前は凶、午後は吉。
    ▼仏滅(ぶつめつ)
    すべてに凶といわれる日。とくに婚礼などの祝い事にはよくないとされます。
    ▼大安(たいあん)
    「大いに安し」を意味し、万事に吉。婚礼などの祝い事には、とくによいとされます。
    ▼赤口(しゃっく/しゃっこう)
    正午のみ吉で、ほかの時間帯は凶。とくに祝い事には大凶とされます。火の元や刃物によるケガなどに要注意の日ともいわれます。
    
    ◆十二直(じゅうにちょく)
    飛鳥時代から昭和初期まで用いられた暦注のひとつ。六曜が広まる以前は、十二直によって吉凶を判断するのが一般的で、最もよく当たる暦注とされていました。
    
    ▼建(たつ)
    万物を建て、生じる日。物事を始めるのは大吉、土を動かすことは凶。
    ▼除(のぞく)
    妨げとなるものを除く日。掃除、治療、祭祀、種まきは吉。婚礼や旅行は凶。
    ▼満(みつ)
    すべてが満たされる日。新規事業、移転、旅行、婚礼は吉。土を動かすことは凶。
    ▼平(たいら)
    物事が平らかになる日。旅行、祝い事、道路の修理は吉。婚礼は大吉。掘削は凶。
    ▼定(さだむ/さだん)
    物事の善悪が定まる日。開店、婚礼、売買は吉。旅行や訴訟は凶。
    ▼執(とる)
    物事を執り行う日。祝い事、祭祀、種まきは吉。旅行や金銭の出入りは凶。
    ▼破(やぶる)
    物事を突破する日。交渉事は吉。祭祀、普請、移転、祝い事は凶。婚礼は大凶。
    ▼危(あやぶ/あやう)
    物事が危ぶまれる日。何事も控え目に。
    ▼成(なる)
    物事が成就する日。新規事業、開店、移転、見合い、普請などは吉。交渉事は凶。
    ▼納(おさむ/おさん)
    「収」とも。何かを納め入れる日。収穫、買い入れ、新築は吉。見合いと婚礼は凶。
    ▼開(ひらく)
    物事が開き、通じる日。新築、移転、開店、婚礼は吉。葬儀は凶。
    ▼閉(とづ/とず)
    物事が閉じる日。帳簿締め、墓やトイレの築造は吉。開店、婚礼、新規事業、旅行は凶。

    山河ゆい

    オカルト系のネタを好物とするフリーエディター兼占い師。これまでアパレルメーカーのサイトや女性誌などにのべ25年間、占い記事を連載。占いの研究歴は約35年。

    関連記事

    おすすめ記事