「10年前、南太平洋に落ちた隕石はエイリアンの宇宙船だ」ハーバード大教授が確信、引き上げ計画実現へ!

文=webムー編集部

関連キーワード:

    2014年、南太平洋に落下した隕石に「宇宙人のUFO」疑惑が浮上。本格的調査に名乗りを上げたのは、あの有名ハーバード大学教授だ――果たして今後の展開は!?

    UFOを海底から引き上げる計画、ついに実現!

    画像は「7news.com.au」より引用

     今から10年前、パプアニューギニア沖160kmの上空で爆発し、地球に落下した隕石(CNEOS 2014-01-08)について、泣く子も黙る米ハーバード大学の宇宙物理学者アヴィ・ローブ博士の見解が大きな注目を集めている。博士によると、それはなんと隕石ではなくエイリアンの宇宙船かもしれないというのだ。

     問題の天体は現在、南太平洋の底に沈んだまま放置されている。ローブ博士は独自にデータを収集・分析し、それが通常の隕石よりも異様に速いスピードで飛来した事実や、鉄よりも固い物質で構成されていることを突き止め、「地球外文明に由来する高度な技術が含まれる可能性が高い」と結論。海底から引き上げる総額220万ドル(約3億円)のプロジェクトを起ち上げた。
     そして、ついに資金調達の目処が立ち、間もなく遠征に向かう予定と豪ニュース番組が報じている。

    https://www.youtube.com/watch?v=m5mKCEFjDxo

    「天の川銀河だけでも数百億の文明があり、それらが地球まで到達できる何らかの科学技術を有していたとしても不思議はない」
    「発見したものが何でも、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で展示することを約束済みだ」(ローブ博士)

    オウムアムア

     ちなみに、これまで「ムー」本誌でも度々お伝えしてきた通り、ローブ博士といえば2017年に史上初めて観測された恒星間天体「オウムアムア」や、2018年に観測された史上2例目となる「ボリソフ彗星」に関しても「宇宙人のUFO」説を唱えて天文学界に衝撃を与えた人物。もしも今回の天体まで博士の仮説通りならば、彼らが私たちの想像をはるかに上回るペースで地球に続々と仲間を送り込んでいるという事態が俄然現実味を帯びてくる。
     すべてが明らかになった時、人類はどのように対峙すべきなのか――胸が高鳴ると同時に一抹の不安を覚える話でもある。

    webムー編集部

    関連記事

    「チェスは異星人が人類に授けた」ーー国際チェス連盟の元会長が主張! アブダクション体験やババ・ヴァンガとの交友もある数奇な半生を語る

    大統領時代にエイリアンに誘拐された体験を持つ前代未聞のアブダクティーがいる。UFO内部に連れ込まれた大統領はエイリアンと話し合い、チェスは彼らが人類に与えてくれたボードゲームであることを理解したという

    記事を読む

    おすすめ記事