エリア51 秘密兵器・UFOの開発基地/並木伸一郎・世界の新七不思議

文=並木伸一郎

関連キーワード:

    超巨大建造物から超常事件の現場まで、各地のさまざまなミステリーを、超常現象研究の第一人者・並木伸一郎がセレクトした〝世界の新七不思議〟をご案内! 今回は〝UFOの七不思議〟に選定したなかから、秘密基地の代名詞でもある「エリア51」です。

    物理学者が初めて暴露!

     米軍最大の秘密基地「エリア51」は、アメリカ、ネバダ州ラスベガスの北西約150キロの地にある。

    アメリカ、ネバダ州にある秘密基地エリア51。2013年に公表されるまで、〝地図にない極秘軍事施設〟とも呼ばれていた。

     2013年にCIAがその存在を公表したが、ここが次世代航空機や秘密兵器の開発実験施設であることは周知の事実で、ステルス、ドローンなどが開発・実用化されている。だが、これはあくまで「表の顔」で、エリア51には「裏の顔」がある。実は、墜落したUFOが運び込まれ、人間と異星人がUFOの共同開発をしているというのだ。
     1989年3月、テレビ番組で〝それ〟を暴露したのが物理学者ロバート・ラザー。彼はエリア51の地下施設「S-4」で、地球製UFOの研究・開発に関与していたと証言。さらに「基地内に異星人がいる!」と断言し、エリア51の存在を一夜にして知れわたらせた。


    エリア51内の地下研究施設S-4。画像はUFOシミュレーターの組み立て中の様子だという。
    UFOシミュレーターの図解。基地で暮らす異星人からその知識・技術はもたらされた。
    エリア51で長年暮らし、地球外の高度な技術や知識をアドバイスしているとされる異星人。1980年代に撮影された。

    証言、告発の続く基地の存在

     その後も「S-4の陰謀」を明かす証言者が登場。1990年、オハイオ州にあるライトパターソン空軍基地のエンジニア、ビル・ユーハウスが、テレビ番組で「1958年から1988年にかけて、〝模擬空飛ぶ円盤〟の操縦訓練計画に従事していた」と発言。この飛行訓練のリーダーを務めていたのは異星人だったと指摘。会話は、すべてテレパシーだったという。

    エンジニアのビル・ユーハウス。かつて、異星人の指揮のもと、空飛ぶ円盤の操縦飛行訓練を行っていたことをテレビ番組で暴露した。

     また、異星人の存在はS-4内で最高機密に属する研究をしていたという微生物学者のダン・バーリッシュ博士も主張した。1994年、「末梢神経障害」に侵された異星人の治療法の開発に専念していたという。

    微生物学者ダン・バーリッシュ。S-4の異星人の末梢神経障害の治療の研究に従事していたという。

     さらに、2014年8月、ロッキード・マーティン社の上級科学者でステルス戦闘機の開発に携わったボイド・ブッシュマンが、エリア51でUFO開発チームにいた経験と異星人の存在について、写真を公開しながら告発した。
     彼らの証言が事実なら、異星人のテクノロジーを取り入れたアメリカのUFO開発も含めた陰謀は、今日も着実な進歩を遂げていることになる。

     ちなみに現地は、〝UFOが出現する!〟という噂を聞きつけ、多くの人々が訪れる「観光名所」になっている。

    『ムー的世界の新七不思議』(並木伸一郎・著)絶賛発売中!

    並木伸一郎

    「ムー」創刊当初から寄稿するベテランライター。UFO研究団体ICER日本代表、日本宇宙現象研究会(JSPS)会長などを兼任。ロズウェルやエリア51をはじめ現地調査を重ねて考察し、独自の仮説を「ムー」や自身のYouTubeなどで発表している。

    関連記事

    おすすめ記事