形から入る! 秘密結社フリーメーソン専門店「M」潜入で入会のヒントを知る/石原まこちん・漫画ムーさんぽ

マンガ=石原まこちん

関連キーワード:

    都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんがムー的スポットや人物を探訪! 今回はあの秘密結社にとてもとても縁のある専門店へ。 (2020年2月29日記事を再掲載)

    フリーメーソン専門店「M」

    *再掲載記事のため、取材時の2020年と現在では店舗の場所が異なります。

    セリフ_ムー散歩Мグレー1

    STRANGELOVE/M
    http://strangelove.secret.jp/

    画像5
    ヴィーナスフォート時代の店舗。以下、店内写真はすべて2020年のヴィーナスフォート時代のもの。
    セリフ_ムー散歩Мグレー2
    セリフ_ムー散歩Mグレー3
    セリフ_ムー散歩Мグレー4

    取材後記~ホンモノに会える店

    「STRANGE LOVE」と「M」は2014年に「ムー」でも取材している場所。2016年に同じヴィーナスフォート2階の中で移転(そして拡張)していて、メーソンもしくはM会員限定の部屋や、非売品だけのミュージアムコーナーも充実していた。メーソンが自分や仲間のためにオーダーして制作されたもの、各ロッジで使用されていたものなど、実物が物語る歴史が雄弁だ。

    画像13
    画像9
    画像8
    画像6

     そして、メーソンうんぬんをおいておいても、「STRANGE LOVE」と「M」に並ぶアメリカ、ヨーロッパの珍しいアンティーク雑貨は一見の価値あり。「M」にもメーソンに関係ありそうでないアイテム(フクロウ像とか)があり、全体で廣瀬さんのセレクトによる世界観が構築されている。メーソンうんぬんをおいて、味のあるインテリアを求める来店も多いという。

    画像10
    画像11

     こちらが「STRANGE LOVE」。「M」同様に入り口がわからない構造になっている……。

     ちょっと気になるのは「廣瀬剛さんはメーソンなのか?」という点だけど確認はもちろんできていない。

    画像7
    廣瀬剛さん。フリーメーソンに興味があるなら、来店して話を聞いてみよう。

     何かと噂だけは多いフリーメーソンだが(それはムーのせいだろう、という御指摘はありましょう)、シンボルをふんだんに用いた品々が語りかける「この象徴を読み解けるかな?」という無言の圧も、魅力のひとつ。来店し、廣瀬さんの話を聞いていると、ふらふら~っと「M」入会の手続きをしてしまっていた。指輪ひとつから、秘密結社の一端に触れた気がする。 

    画像12
    「M」の会員証は廣瀬さんが手ずから名を打ち込んでくれる。

    関連記事

    おすすめ記事