異星人から高度な医療技術を授かった!? メキシコの先駆け的UFOコンタクティ「マーラ」の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

文=遠野そら

関連キーワード:

    メキシコでUFOコンタクティの草分け的な存在として有名な女性がいる。マリア・デ・ソコロ・ペレスだ。通称「マーラ」として知られるこの女性。89歳でこの世を去るまで、最も信憑性が高いUFOコンタクティとして、今なお数多くのコンタクティに影響を与え続けている人物である。

    地球を監視する異星人に選出された女性

     マーラがコンタクティとして活動するようになったのは、1968年。スーパーマーケットの駐車場で車に荷物を積んでいたところ、見知らぬ男性に声をかけられたのがきっかけだったそうだ。
     男性は中背で白肌。短く刈り上げられた髪はブロンドで、灰青色の目をしていた。メキシコ人には見えなかったが、男性は流暢な地元のスペイン語で、自身を「アムリズ」と名乗った。そしてアムリズは「マーラが人類の意識を高めるべく選出された8人のコンタクティのうちのひとりである」ことや「今後、異星人が彼女を訪ねてくることなどを伝えに来た」といった。
     アムリズによると、彼ら異星人は約4万年前から地球に飛来しつづけており、レムリア大陸やアトランティス大陸で暮らしていたが、現在も地球に留まりわれわれを監視しているそうだ。その理由は、人類による地球環境の破壊。これは宇宙環境にも甚大な影響を与えるとして、マーラたち8人のコンタクティを選出し、異星人を派遣することにしたのだという。
     
     2021年9月21日にこの世を去るまで、マーラはアムリズの他、ラムカール、クトゥルミ、カムデルという4人の異星人と数百回にも渡り会見したという。彼らは時として随行者を連れていたが、なかには異次元的な存在も含まれていたそうだ。

    マーラの肖像。
    引用元:https://medicinaintegral.com/2021/08/27/semblanza-de-marla/

    専門家も驚愕! マーラが授かった知識・技術

     マーラは彼らから様々な技術や知識を享受しているが、特筆すべきはラムカールから得た情報だ。1972年に出演したテレビ番組で、マーラはラムカールからに高度な医学知識を教わり、宇宙テクノロジーで作られた治癒道具を与えられたと話している。それは金属製で、短く棒のような形をしており、「どのような病気でも治療できる装置のようなものだ」と教えられたのだそうだ。まさに宇宙人の存在を裏づける物的証拠であるが、残念ながらアメリカ人の信奉者に持ち逃げされていまい、現在はその行方がわからなくなっているという。
     
     その後もマーラは、メディアや雑誌で、コンタクティとして請け負った“人類の意識レベルを上げる”使命を果たすべく、積極的に異星人からのメッセージを伝えている。ときには天体物理学や量子力学、病態生理学の他、人間の生物原理や意識の覚醒方法なども公開し、マーラには国内外を問わず膨大な数の信奉者がいたそうだ。

    マーラを紹介するネット記事
    引用元:https://mexicounexplained.com/marla-a-mexican-contactee/

     しかしながら人々の注目を集めると、そのぶん批判も多いのが世の常。写真や音声などを公開しなかったことから、インチキや詐欺師といった誹謗中傷が飛び交うようになり、1980年以降、マーラがメディアに登場することはなかった。
     だが、その後も信奉者は跡を絶たず、亡くなるまでメキシコ・ハリスコ州の統合医療研究所でスピリチュアル講座などを開講しており、今も各地に弟子がいるそうだ。
     
     マーラの体験は議論の的であるが、彼女のメッセージの中には、後年の物理学会において、彼女の知識は到底独学で学べるレベルではなく、専門家も舌を巻く技術が含まれていたことが証明されている。これらはいったい何を意味するのか。それはマーラにしかわからないが、多くの人を魅了してきたことは事実であろう。

    【参考】
    https://mexicounexplained.com/marla-a-mexican-contactee/
    https://medicinaintegral.com/2021/08/27/semblanza-de-marla/

    遠野そら

    UFO、怪奇現象、オーパーツなど、海外ミステリー情報に通じるオカルトライター。超常現象研究の第一人者・並木伸一郎氏のスタッフも務める。

    関連記事

    おすすめ記事